コラム記事

MBAよりMFA?アートの最高学位MFA(美術学修士)とは?

今回はアートに関連する学位であるMFA(美術学修士)についてご紹介します。

キャリアアップや起業を志す人々が、MBA(経営学修士)を取得するというのは一昔前からよく聞く話でしたが、10年ほど前から今もなお、MFA(美術学修士)という学位により注目が集まっています。

アーティストを志す人以外に、ビジネスの現場でもアート、デザイン思考が求められている昨今では、MFAの取得によって得られるものも多く、知っておいて損はないでしょう。

MFA(美術学修士)とは?

MFA(Master of Fine Arts:美術学修士)は、芸術・美術学科目の実践的な内容をベースとしており、所定の課程を備えた大学院や教育機関の修士課程を修了することで取得できるのアートの最高学位です。日本語では、美術学修士などと呼ばれます。

欧米では、MFAが取得できる専門分野は幅広く、ビジュアルアート、芸術評論家、クリエイティブライティング、映画製作、演劇、振付家、ファッションデザイナーなどほとんどすべての芸術分野に及ぶMFAプログラムのある大学院や教育機関が多くあります。

なぜMFAが注目されているの?

MFAが評価、注目され始めたきっかけと言われているのが、ダニエル・H・ピンク(以下、ピンク)が2008年にグローバル・マネジメント誌である「ハーバード・ビジネス・レビュー」に寄稿した論文「The MFA is the New MBA」です。

ピンクはアメリカの作家で、4冊の著書でニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーを受賞し、1995年から1997年までアル・ゴア副大統領のチーフスピーチライターも務めた人物で、この論文でピンクが提唱したことがきっかけとなり多くの人々がMFAの価値を再評価し、10年以上経った今でも注目され続けています。

時代が変わるにつれて、新しい技術が開発・導入され、これから徐々にAI(人工知能)に人間の仕事がとられていくのではという懸念があることは、誰もが聞いたことのある話でしょう。

現代、そして近い将来により高度な技術革新により、人間に求められる能力が変化をしていくということを考慮すると、人間独自の能力=創造力が重要となっていきます。

ビジネスにおける課題解決のためにも、論理的思考だけでなく創造性やデザイン思考を用いる必要性が増えてきており、世界的にMFA保有者が貴重な人材として評価されたり、活躍しています。

MFAはどこで取得できるの?

MFAを日本で取得するには?

日本国内では、MFAが取得できる美術大学・芸術系大学はまだ少数ですが、最近は2020年に新しく開設された、京都造形芸術大学大学院の「芸術研究科(通信教育)芸術環境専攻 修士課程 学際デザイン研究領域」のように、忙しくても学びたい社会人のニーズをかなえられる、100%オンライン受講可能なMFAプログラムも人気を集めているようです。

引用:PR TIMES「日本初!完全オンラインで芸術修士を取得できる通信制大学院「学際デザイン研究領域」開設初年度の出願者数 242名、合格者数 55名(倍率 4.4倍)。」https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000026069.html

MFAを海外で取得するには?

海外では芸術系の専門大学だけではなく、総合大学にも数多くMFAを取得できる大学院があります。

例えば、アメリカでは有名名門大学であるスタンフォード大学、イェール大学、コロンビア大学などのような大学でもMFAを取得することができます。

一言にアート、デザインといっても専門分野は多岐に渡り、現状では、海外の大学院の方が専攻の選択肢は豊富なようです。

ビジネスの現場でアート、デザインの知識や経験、学位を活かして活躍している人物・企業

現代はモノの供給過多になっており、消費者が商品やサービスを購入、利用するかどうかは、モノ自体の品質より前に、まず消費者との接点となる商品自体やウェブサイト、SNSなどのデザインや見せ方がうまくいくかどうかにかかっていると言えます。

また、変遷する消費者の声をスピーディーに取り入れて改善を続けるビジネスモデルや、オンライン、オフライン両方での消費者の体験をデザインするという考え方が、重要となっています。

アメリカでは、MFA取得者の平均年収は約6万1千ドル(約680万円)と言われており、経営層にアート、デザインに精通している人が選出されるケースも増えてきています。

今、世界で活躍している人物や企業にも、アートやデザイン思考を取り入れて成功している例が多くあるので、最後にいくつかご紹介します。

ジョナサン・アイブ

ジョナサン・アイブ(引用:FINANCIAL TIMES「I’m leaving Apple — LoveFrom Jony Ive」https://www.ft.com/content/9ad4dc32-991b-11e9-8cfb-30c211dcd229

iPodやiPhoneなどの製品が世界的な大ブームを起こし続けているアップル社の元CDO(最高デザイン責任者)として、アップル社のハードウェア、ソフトウェア全般を2019年まで統括していたジョナサン・アイブは、アメリカのロードアイランド・スクール・オブ・デザインで名誉芸術学博士号を授与されました。

元CEOのスティーブ・ジョブズ(以下、ジョブズ)がアップル社に復帰した後、アップル社の製品のブランディングにおいてデザインに重きをおいてきたジョブズの絶対的な信頼を得ていたアイブは、社内で大きな権力を持つようになりました。

商品の内部設計に関わるエンジニアよりも、商品の製造を担当するオペレーション部門よりも、ブランドに与えるデザイン部門の影響は大きく、それゆえに世界を変える製品が続々と生まれ、会社が成功したといっても過言ではないでしょう。

Airbnb(エアービーアンドビー)

2020年に話題になったAirbnbの看板広告(引用:Airbnb公式Webサイト)

現在なら誰でもその名を知るAirbnbは、世界各地の人と部屋の貸し借りが出来るコミュニティー・マーケットプレイスです。そんなAirbnbも創業当初は大赤字、ローンチは何度も失敗していました。そんな状況を、サイトのユーザーインターフェイスやユーザー体験のデザインの改善を行なったことで打破し、今や世界中の人々に使われるプラットフォームとなりました。

当初全く一般の人々から利用されなかった時に、宿泊先の写真をAirbnbメンバー自ら出向いて高クオリティでおしゃれなものに撮り直したり、閲覧した宿泊先をお気に入りに追加するマークを星からハートに変えたり、それぞれの宿泊先についてホストがストーリーテリングができるようにサイトをデザインしたりといった、総合的なデザインの改善によってビジネスを軌道に乗せることができました。

パソコンの前に張り付いてデータを追いかけ、ロジックで改善策で考えるだけでなく、実際に現場に出向き、ユーザーの声を直接聞いてサイト設計やユーザー体験のデザインに反映すること、すなわちデザイン思考が会社を成長させた鍵であったことがわかります。

ジョン・マエダ

ジョン・マエダ(引用:Arkitektura Assembly「DESIGN IN MIND: JOHN MAEDA」https://assembly.arksf.com/podcast/john-maeda

アメリカの経済雑誌フォーブスで「学問分野におけるスティーブ・ジョブス」と称され、インターナショナルマガジン エスクアイアによる「21世紀に最も影響力のある75人」の中に選出されたジョン・マエダ(以下、マエダ)も、アート、デザインを学び、活躍している人物の一人です。

経営者、デザイナー、技術者など多くの肩書きを持つ日系アメリカ人のマエダは、アメリカ西海岸のシアトルで生まれ育ち、理系大学の最高峰であると言われるマサチューセッツ工科大学へ進学し、電気工学とコンピュータサイエンスを専攻したのち、日本の筑波大学大学院の博士課程でデザインとアートを学びました。

マエダはその後、母校マサチューセッツ工科大学へ戻り教授職に就いたのちに、アメリカの名門美術大学であるロードアイランド・スクール・オブ・デザイン学長を経て、シリコンバレーの世界最大級の越境ECサイトeBayのCEO顧問、ベンチャー投資会社クライナー・パーキンス・コーフィールド・アンド・バイヤーズのデザイン・パートナーなど様々な業界で活躍してきました。

マエダは、ビジネスの場にアート、テクノロジーの知見を活かしているだけでなく、アーティストとしても知られており、作品がニューヨーク近代美術館、サンフランシスコ近代美術館やカルティエ財団などに常設展示されています。

まとめ

デザインやアートと聞くと一部の生まれ持った才能のある人たちのためのものだと思ってしまうのは私だけではないと思いますが、実際のところ、経営やマーケティングなど一般的なビジネスの分野においてもMFAは重宝されていることがわかりました。

たくさんのモノやサービスで溢れ、消費者、ユーザーとの接点がより一層デジタルに移行している現代では、ビジネスにおいても、論理的な課題解決方法だけでなく、創造的な思考や手順で物事を進める力が求められます。

これからキャリアアップをしたい方や、自社ビジネスを成長させたい方は、MFA取得も1つの良い選択肢かもしれません。

ABOUT ME
あやね
あやね
2018年にアメリカ NYへ移住した、京都生まれの大阪人。日本の伝統工芸が持つ独特で繊細な美しさが好きで、着物や器を集めている。郊外の家に引っ越したことをきっかけに、アート作品やアンティーク家具を取り入れたインテリアコーディネートにも興味を持ち始める。アメリカで、日常生活に様々な形でアートを取り入れる人々に出会い触発され、今年は自宅で陶芸も始める予定。