草間彌生

Kusama Yayoi
アーティスト紹介

DATA

ニックネーム
水玉の女王
作者について
草間彌生は、水玉模様の多用と無限のインスタレーションで知られている、日本人アーティストです。絵画、彫刻、パフォーマンスアートを手がけています。 草間彌生のアートは、反戦、反体制、自由愛を表現し、時代を反映した作品や、性、死、無限の宇宙などの普遍的なテーマに基づいた作品です。

現在の値段

3,156,249円

2019年東京・代官山で開催されたSBIアートオークションの第35回モダン&コンテンポラリーセールにて南瓜の絵が9000万円で落札。
かぼちゃのひるね」というシルクスクリーンの作品を参考までに見てみると、過去5年間の予想落札価格は約20万円から約200万円と10倍近く跳ね上がっている。
黄色のかぼちゃのシリーズはアジアで最も人気のモチーフではあるが、インフィニティネットなどの他のモチーフにしても、この5年で5倍以上は高くなっている。

代表的な作品には億の値段が付きますが、一般的な作品は500万円前後が多いです。

経歴

草間彌生(以下、草間)は、長野県松本市で、種の卸商人のもとに生まれました。

草間は、10歳で絵を描き始めました。その頃からしばしば幻覚を見るようになり、大変苦しんだといわれています。しかし、この幻覚が、現在草間彌生の代表作として知られるドット作品のモチーフとなっています。

草間は専門的な絵の訓練をほとんど受けておらず、京都市の​​専門学校で芸術を短期間(1948年から49年)だけ勉強していました。芸術家になりたいという願望が芽生え、1957年にアメリカに移住し、アメリカ・ニューヨークに定住しました。初期の作品は、「インフィニティネット」という絵を書き始めました。

大きなキャンバス全体で何千もの小さな丸を描いたものです。その丸は、まるで無限に続くかのように構成されています。

その後、草間の作品はポップアートとパフォーマンスアートに移行しました。草間はニューヨークのアバンギャルドの中心人物となり、その作品はドナルド・ジャッド、クレス・オルデンバーグ、アンディ・ウォーホルなどのアーティストの作品と並んで展示されました。セントラルパークやMoMaの敷地で、平和の促進や芸術の確立を批判しする目的で、パフォーマンス始めました。これらのパフォーマンスの多くがヌードで表現されていたため、日本でスキャンダルを引き起こし、米国のマスコミも批判的な見解をしていました。

精神的な不調が続き、1973年日本に帰国し、入院しました。

家族や友人の支援なしに、自分が絵を描くことができないことに気づき、草間は自殺を試みました。

しかし、再度ゼロから自分自身のアートを確立することを決意しました。作品は徐々に再評価され、国内外で展覧会が開かれました。そして草間の人気は確固たるものとなり、様々な賞を受け、彼女の作品は多くの展覧会や美術館をまわっています。90歳を超える今も現役で活動を続けています。

まとめ

草間さんの作品を見に、長野にある松本市美術館に訪れたことがあります。ミラールームと呼ばれる作品の一つである「無限の彼方へかぼちゃは愛を叫んでゆく」を体感しました。この一室に入った瞬間、自分がどこにいるかわからなくなる錯覚を起こしました。どこまでも続いていくかぼちゃを見ていると平衡感覚がなくなっていく感覚でした。それまで、草間さんの作品は「可愛いな!」程度しか感じることができなかったけれど、草間さんのテーマである「永遠」そして「愛」の真髄を知ることができる展示でした。東京に2017年に開館された「草間彌生美術館」でかぼちゃのインスタレーションがあるので是非体感してみて欲しいです。

参考

This is media「草間彌生とは?経歴・人生について分かりやすく解説」

https://media.thisisgallery.com/20187748

This is media「無限の彼方へかぼちゃは愛を叫んでゆく」

https://media.thisisgallery.com/works/yayoikusama_02

Vouge「草間彌生が語る、愛とアートに生きる理由。」

https://www.vogue.co.jp/lifestyle/culture/2017-02-21

アンドアート「草間彌生」

https://and-art.jp/works/1

美術手帖「2019年最後のSBIアートオークションが開催。草間彌生が9000万円、ルノワールが8500万円で落札」

https://bijutsutecho.com/magazine/news/market/208391
ABOUT ME
しおり岡
しおり岡
編集長/ライター。小学生の頃はエジプト文化、中学生では西洋美術、高校生は日本の歴史にハマり、大学在学中に仏像に恋をして、学芸員を取得。卒業後、大手人材会社で営業を経験。その後、飲食店の広報・デザイナーを経て、アメリカ・NYにて転職。コロナウイルスのため帰国し、現在は日本に滞在中。趣味は「美術館や遺跡を経験するための海外旅行」。今まで40カ国以上を旅行をし、世界の建築や文化、食事、アートに触れる。