名和晃平

Nawa Kouhei
アーティスト紹介

DATA

ニックネーム
テクノロジー彫刻家
作者について
名和晃平は、デジタルと現代の精神性を探求する日本の彫刻家です。 芸術大学で教鞭を取り、アート・デザイン・建築のためのプラットフォーム「SANDWISH」のディレクターを務めています。

現在の値段

137,744円

SBIオークションにて、Directionシリーズが予想額の倍以上の値段で落札されました。
2019年「Direction #132 」サイズ:65 x 65 x 6 cmが、1,667,500円で落札、
2020年「Direction #123 」サイズ:90 x 60 x 6 cmが、2,415,000円で落札されました。

絵画は150万円から、彫刻の価格は500万円から5000万円程で落札されています。今後も絵画が彫刻のように値段が高騰すると予測しています。

名和晃平(以下、名和)は1975年に大阪で生まれ、京都市立芸術大学で美術の学士号と博士号を取得しました。学生時代は、神社仏閣巡りに夢中になって仏像や神像ばかりを見て周り、現代美術には興味がなかったそうです。

その後、1998年ロイヤル・カレッジ・オブ・アートに留学しました。その際に現代美術アーティストの作品に刺激を受け、自身の作品作りに没頭するようになります。

代表作は「PixelCell」と題され、世界中で人気が高いです。彫刻の「表皮」に着目し、セル(細胞・粒)という概念を機軸とした情報化時代を象徴する作品です。鹿、チーター、ウサギ、コヨーテなどの動物の剥製が使用されています。剥製をガラスビーズやプリズム、接着剤、石膏、スプレーフォームなどで覆い制作されています。

美術館などでは「PixCell」シリーズの彫刻作品がよく展示されていますが、オークションでは「Direction」シリーズがなども人気があります。「Direction」シリーズは生命と宇宙、感性とテクノロジーの関係をテーマに、重力で描くペインティングです。インクをキャンバスの上端から流すことで重力を可視化している作品です。

他にはシリコンオイルの中を水の粒子が移動する「Water Cell」や液体が落ちる様子を反転し積み重ねて彫刻にした「Ether」など積極的に様々なアートに挑戦しています。

2009年、京都に創作のためのプラットフォーム「SANDWICH」を立ち上げ、現在も京都で制作を続けています。建築や舞台などにも取り組みの幅を広げています。

参考

翠波画廊「名和晃平」https://www.suiha.co.jp/artists/contemporary-artists/kohei_nawa/

GYRE「名和晃平個展「Oracle」」https://gyre-omotesando.com/artandgallery/kohei-nawa-oracle/

Casa「LOOKING FOR NEW JAPANESE CONTEMPORARY  ART」

ABOUT ME
しおり岡
しおり岡
編集長/ライター。小学生の頃はエジプト文化、中学生では西洋美術、高校生は日本の歴史にハマり、大学在学中に仏像に恋をして、学芸員を取得。卒業後、大手人材会社で営業を経験。その後、飲食店の広報・デザイナーを経て、アメリカ・NYにて転職。コロナウイルスのため帰国し、現在は日本に滞在中。趣味は「美術館や遺跡を経験するための海外旅行」。今まで40カ国以上を旅行をし、世界の建築や文化、食事、アートに触れる。