コラム記事

AI×アートの今後を考える

皆さん、こんにちは。

今日、様々な場面でAIが活躍する場面が増えています。今回はAIがアートの業界でどのような影響を及ぼしているか調べてみました。

AIによって贋作が減る?!

Artendex社は、AIにマティスやピカソといったアーティストの筆致を学習させ、機械的に真贋判定を行うエンジンの開発をしている。判定精度は、すでに約8割まで到達しているという。アートマーケットでは、贋作の流通や作者を誤るリスクが常に存在し、控えめに見積もっても市場にある15〜20パーセントの作品がそうしたケースに当たるという。AIによる真贋判定はこれからマーケットに大きな影響を与えると予想される分野のひとつである。

引用:AIの導入で「美術館」がこんなにも変わる理由/東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 (toyokeizai.net)(2019/7/13)

今まで、アートマーケットでもこんなに贋作の流通が多いことに驚かされます。贋作の流通が減ることで、コレクターも安心してマーケットで作品を購入することができそうですね。

すでに画家として活躍しているAIも!?

 2018年10月にニューヨークで行われたオークションでは、AI画家の作品「ベラミ家のエドモン・ド・ベラミ(Edmond de Belamy, from La Famille de Belamy)」という作品が競売にかけられました。当初、落札予想額は日本円にして約80~114万円ほどでしたが、その予想をはるかに上回る実際の落札価格は約4900万円で落札されました。」

引用:christie‘s/Is artificial intelligence set to become art’s next medium?/ The first piece of AI-generated art to come to auction | Christie’s(2018/12/12)

このニュースは話題になって、知っている人も多いかもしれません。

AI画家は今後どんどん活躍していくのでしょうか。それとも今回は目新しさからオークションで高値落札されたのでしょうか。

巷ではAIに仕事を奪われるといった話もよく耳にします。クリエイティブな業界でもAIに仕事が奪われるといったことが起こりうるのでしょうか。

AIで絵を描けるようになったとしても、それは元からある絵をAIが学習した上で生成されたものです。例えばレンブラント風の絵なら既存のレンブラントの絵をAIが学習し生成しています。そのため、その絵自体にオリジナリティがあるとは言えません。つまり、0から1を作るようなクリエイティブな仕事は依然として人間の仕事で価値があります。そのため、絵画作成AIの台頭で人間の画家の仕事が奪われるという自体は起こらないのではないでしょう。

引用:AINOW/人工知能の画家が登場!AIによる絵画生成とは/AINOW|日本最大級のAI専門メディア(2020/4/7)
 

このように人間の画家の仕事が奪われるといったことは起こらないといった意見もあります。

シンギュラリティ(AIなどの技術が、自ら人間より賢い知能を生み出す事が可能になる時点)はいろんな分野で議論が活発化されていますが、まだアートに関してはまだ本格化していないように感じます。

しかし、未来はどうなるか分からないのも事実です。今後、AI画家の動きも定期的に取り上げていこうかと思います。

ABOUT ME
おちか
おちか
アートとお金と食べる事が大好き。コレクターの叔父の影響で幼い頃からアートに囲まれた環境で育つ。ピカソの「ゲルニカ」はお友達。 社会人になってからは医療・福祉系の仕事をしていた事もあり、アールブリュットの世界に魅了される。