ロッカクアヤコ

Rokkakuayako
アーティスト紹介

DATA

ニックネーム
魔法の手
作者について
筆を使わず手指でペインティングする独特の手法で有名な作家。 目が特徴的な女の子とカラフルな絵画が特徴的です。

現在の値段

639,268円

2020年、 株式会社マレットジャパンによる近現代美術作品を扱うオークションにて1200万~1700万円を装う落札額としていましたが、120号大の大型作品で、2000万円で落札されました。

大判の絵画は、1000万円以上で取引されていますが、
通常サイズだと200万円程で手に入ります。
この5年で、7倍以上にも値段が高騰しているので
今が投資用に買い時のアーティストかもしれません。

経歴

1982年千葉県で生まれました。2002年に絵を描き始め、美術学校に通わず、独学で絵を習得しました。2003年村上隆主催の現代美術の祭典『GEISAI#4』にてスカウト賞を受賞して、注目を集めました。

ロッカクアヤコの作品は、大きな目をした女の子がモチーフとなっていて、その周りにカラフルなモチーフや花、虹などが散りばめられています。子供が描いた絵から「想像力」や「ルールの欠如」のインスピレーションを得ることもあるそうです。

女の子の表情や色彩が大変豊かで、日本だけでなくヨーロッパやアジア市場でも大変人気が高まっています。

彼女は絵を描く際に、筆を使わず、素手を使いアクリル絵の具を、段ボールに直接描くユニークな技法です。そのため、ダイナミックで生き生きとした構図が絵に表れています。段ボールだけでなく、ヴィンテージのルイ・ヴィトンのトランクやアクリルなどに絵を描き、カラフルな芸術作品を生み出しています。特に、高さや幅が数メートルの非常に大きな作品を積極的に制作しています。

現在、ドイツ・ベルリン、ポルトガル・ポルト、東京、オランダ・アムステルダムに住み、制作活動をしています。 彼女は数多くのギャラリーで展覧会を開催し、アジア、ヨーロッパ、アメリカのアートフェアで作品を発表しました。オランダのロッテルダムにあるクンスタール美術館とスロバキアのミューレンスティーンダヌビアナ美術館での個展は何千人もの観客を魅了しました。また、アートフェアや展示会でライブで制作する「パフォーマンスペインティング」にも参加しています。

参考

ART FULL「魔法の手で描く「ロッカクアヤコ」のSBIアートオークション落札相場分析」https://artfull.tokyo/?p=6724

ABOUT ME
しおり岡
しおり岡
編集長/ライター。小学生の頃はエジプト文化、中学生では西洋美術、高校生は日本の歴史にハマり、大学在学中に仏像に恋をして、学芸員を取得。卒業後、大手人材会社で営業を経験。その後、飲食店の広報・デザイナーを経て、アメリカ・NYにて転職。コロナウイルスのため帰国し、現在は日本に滞在中。趣味は「美術館や遺跡を経験するための海外旅行」。今まで40カ国以上を旅行をし、世界の建築や文化、食事、アートに触れる。