ジャン・ミシェル・バスキア

Jean-Michel Basquiat
アーティスト紹介

DATA

ニックネーム
新表現主義の象徴
作者について
ジャン=ミシェルバスキアは1980年代に現れた新表現主義の画家。ポップアーティストのアンディウォーホルとのコラボレーションで知られています。 日本では2019年9月から11月まで、バスキア展 メイド・イン・ジャパンが森アーツギャラリーセンターで開催されました。

現在の値段

12,589,477円

ZOZOTOWNの前澤社長が、2017年サザビーズのオークションでバスキアの頭蓋骨の絵である「無題」を、約120億円(1億1,050万ドル)で購入したことで注目が集まりました。2017年以降価格が伸びています。

1980年以降に作成されたアメリカ人アーティストの作品の最高価格の記録で、さら黒人アーティストの絵画の最高落札価格でもあったため世界中で人気が沸騰しました。

経歴

ジャン・ミシェル・バスキア(以下、バスキア)は1960年12月22日にニューヨークのブルックリンでハイチ系アメリカ人の父親とプエルトリコ人の母親とともに生まれました。バスキアは、幼少から多様なバックグラウンドで育ったため芸術的なインスピレーションを受けました。

1970年代、バスキアは友人と「SAMO」と名乗り、地下鉄や路上にアートワークを残し、注目を集めました。

彼の初期の作品では、バスキアは王冠のモチーフを使用することで知られていました。王冠は、黒人を王族や聖人と表現する意味が含まれています。バスキアの生きた時代は、未だ黒人差別が行われており、アートを通じて差別や社会問題を発信する作品を多く描きました。

1980年代半ばに、アンディウォーホルがバスキアの才能を認め、共同で作品を制作しました。その結果、彼らの作品やスタイルがさらに人気を高めました。

特にバスキアの作品は、芸術を愛する著名人に愛されるようになったため、バスキアのオリジナル作品は、若手アーティストでは当時珍しく、5万ドル(日本円で約550万円)の値段が付けられました。

バスキアは精力的にアーティスト活動をしており、10年間のアーティスト活動で4000点以上の作品を残しています。

アメリカ国内だけでなく、ヨーロッパやアフリカなど世界中で展覧会を行っていましたが、1988年8月12日に薬物の過剰摂取のためニューヨーク市で亡くなりました。

まとめ

バスキアの絵は、直感的に書かれた作品が多く、力強い線は見る人を惹きつけます。言葉、記号、棒人間、動物が組み合わせられ、表現力の高いアーティストである。

一見、抽象画のように見える作品も色々な意味や想いが込められており、バスキア自身の興味や葛藤を、絵に表現しています。

バスキアを基にした映画もあり、高い評価を得ているので、また鑑賞して見ます。

ABOUT ME
しおり岡
しおり岡
編集長/ライター。小学生の頃はエジプト文化、中学生では西洋美術、高校生は日本の歴史にハマり、大学在学中に仏像に恋をして、学芸員を取得。卒業後、大手人材会社で営業を経験。その後、飲食店の広報・デザイナーを経て、アメリカ・NYにて転職。コロナウイルスのため帰国し、現在は日本に滞在中。趣味は「美術館や遺跡を経験するための海外旅行」。今まで40カ国以上を旅行をし、世界の建築や文化、食事、アートに触れる。